« 前の展示 | 次の展示 »

2013.6.10-6.16

ハワード・ワイツマン Howard Weitzman

Kabukicho Nights

 ハワード・ワイツマン Howard Weitzman 「Kabukicho Nights」
 ハワード・ワイツマン Howard Weitzman 「Kabukicho Nights」
 ハワード・ワイツマン Howard Weitzman 「Kabukicho Nights」

 東京に住む外国人は、少なからずアウトサイダー(部外者、異端者)として見られる。私のような白人の姿では、どこに行っても「きっと日本語がわからないだろう、日本の文化もわからないだろう」と思われがちである。そう思われるのは悔しいこともあるが、それも仕方ないと思っている。
 しかし、そんな“アウトサイダー”だからこそ、私は歌舞伎町に惹かれたのかもしれない。歌舞伎町にはさまざまなアウトサイダーが集まる。もしかしたら、彼らは私を同志のように感じて、自分の世界に受け入れてくれたのかもしれない。あるいは、アウトサイダーだからこそ、私の記録したい欲求を許してくれたのかもしれない。

この写真は、歌舞伎町周辺で夜に撮影したポートレートコレクションです。

ハワード・ワイツマン
1967年アメリカ生まれ。1989年にコーネル大学コミュニケーション学部卒業。1990年に初来日。

写真展
2011年「FACING SHIBUYA」(Place M・M2ギャラリー 同時開催)
2012年「FACING SHIBUYA」(銀座ニコンサロン)

現在東京在住。

As a foreigner living in Tokyo, I am considered to some extent an outsider. Wherever I go, people see my Caucasian features and often assume that I cannot speak Japanese and am not familiar with Japanese customs. This can sometimes be frustrating, but I have come to accept it as part of living here. Perhaps it is because of this "outsider" status, however, that I was attracted to Kabukicho.
In many ways, Kabukicho is a collection of outsiders. Maybe that is why some people I met there sensed in me a kindred spirit, and for this reason let me into their world. Perhaps being an outsider persuaded others to indulge me in my desire to record what I was seeing.

These photographs are portraits of people and places in and around Kabukicho at night as I experienced them.

Howard Weitzman
Born in 1967 in the US. Graduated form Cornell University, Department of Communication, in 1989. First arrived in Japan in 1990.

Exhibitions
2011 Facing Shibuya (Place M and M2 Gallery, Tokyo)
2012 Facing Shibuya (Nikon Salon, Ginza)

Currently lives in Tokyo.

copyright 2018 © M2 gallery